変形性股関節症【人工関節でない】50代女性 障害厚生年金3級

変形性股関節症で人工関節となり障害厚生年金3級を受給されている方は多くいらっしゃりますが、本件は人工関節置換術をされていない方でも3級に決定することがあることを証明できた件です。年金事務所へ書類を提出したときも、窓口の職員に「人工関節でなければ不支給でしょう」と言われました。

現状は立ち上がることも大変そうな程非常に痛そうですが、未だ若いので人工関節を入れてしまうと、一生のうちにもう1度手術をすべき可能性が高いため、必死にこらえていそうでした。仕上がってきた診断書を拝見すると、障害年金認定基準の3級レベルの可動域・筋力に該当します。これなら人工関節でなくとも請求可と感じました。

結果として、障害厚生年金3級が認定されました。遠方の勤務地へのご出勤もその脚では辛いだろうと思いますが、この障害年金の受給で下がってしまったお給料の穴埋めをし、その明るさで就労を何とか継続していただけたらと応援したくなる方でした。

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)