吉祥寺 障害年金サポートセンターの特徴

1.年相談件数300件、年請求件数60件の実績

決定率は、必ず決定するであろう案件しか受任しなければ、必然的に高まります。現に、必ず決定しそうな案件しかお引き受けしない社労士がいるのも事実です。当センターでは、障害年金の趣旨(=ご病気・ご障害故にフルタイマーと同等の収入を得られない方のための所得補償)に沿うと思われる方の件は、困難な案件でも、できる限り挑戦し続けています。そのような案件は、不支給や低い等級になってしまうこともございますが、お客様とこちらとの信頼関係が築き上がっていれば、引き続き不服申立に挑戦させていただいています。その事例も、出し惜しみなく「お客様事例」に掲載しています。この信念が高く評価されており、お陰様で、お問合せを数多くいただいてまいりました。特に、武蔵野市、三鷹市、杉並区、世田谷区、練馬区の方々からご依頼を多くいただき、大変感謝しております。ただし、キャパが月5件程度までしかございませんので、心苦しい限りです。

また、障害年金は7割が精神・発達と言われています。精神の案件は、集客しやすくて認定基準も明確ですから、精神専門をうたう社労士も多いです。しかし、当センターは、他の難しいご病気(癌・難病・肢体)や手間のかかる案件(労災や交通事故絡み等)も多くお引き受けしてきました。これもまた、当センターの特徴だと思います。お客様事例をご参照下さいませ。

2.当事者のお気持ちがわかります

年金機構では、古くなった大量の障害年金ご相談の記録が破棄されていると聞いています。
これは、障害年金を請求することが大変複雑であったり、ご自身で何度も年金事務所へ足を運べないうちに諦めてしまう方々がいらっしゃるからではないでしょうか。
私どもは、そのような方々を、心から障害年金専門家として代理させていただきたいと考えています。

当センターの社労士は、障害者雇用の担当者を経験してまいりました。また、病気の家族を抱えてきたので、ご家族様のお気持ちが痛い程わかります。障害年金を商売として扱っていくのではなく、本当に障害年金が必要な方に届きますよう、信念で仕事をしています。

3.医師との関係を大切にします

障害年金は、90%、医師の診断書で決まります。ところが、医師は、数分の診療で24時間一緒の家族のようには患者の日常生活を把握できません。その上、超多忙な中、隙間時間で、会社への診断書、傷病手当金や労災の医師証明欄、生命保険の診断書、自立支援医療のための意見書、生活保護の書類、障害者手帳の診断書、強制入院のための入院届など、数多くの重要書類を作成されています。当然、記入項目の多い障害年金の診断書は大きな負担です。それでも患者の利益につながる診断書はできる限り誠実に仕上げたいと考えて下さる医師には頭が下がります。

私どもは、そんな医師にご負担をかけぬよう、またお客様の日常生活が的確に診断書に反映されるよう、診断書各項目の記載ポイントやこれまでのご本人様の経緯・現状がわかる依頼状をお渡しし、医師からも診断書を作成しやすいと好評を得ています。もちろん、お客様からご希望があれば、サービスで診断書作成依頼に同行させていただきます。ただし、医療の専門家でない社労士の同行を嫌がる医師もいらっしゃるので、お客様には面談の事前予約をお願いしています。

医師との出会いは一期一会です。専門家としてプロフェッショナルを示せるよう、かつ、失礼でないよう、またお客様と医師との関係を崩さないよう、精進したいと考えています。

4.大手事務所で安心・安全を買いませんか?

障害年金の社労士は、個人お一人で経営されている事務所がほとんどです。一方、当センターは地域最大の社労士事務所で、個人情報保護体制も万全です。Pマーク(プライバシー・マーク)とISO27001も取得済です。セキュリティ付会議室も完備しております。外部へ個人情報を漏らすことはございません。安心してご相談下さい。

5.受給ができた場合のみ報酬をいただいております

追加費用はかかりません。

報酬は、一見、どこも年金2か月分で横並びに見えますが、当センターは、初回面談、病院への同行、診断書2枚目以降の病院への依頼などに一切追加費用をいただきません。また、病歴申立書の原稿も0(ゼロ)から当センターが作成しています。ご病気やケガが原因で働くことができず、生活に不安をお抱えの方でも安心してご依頼下さいませ。

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)