その他の疾病

上肢の障害

◆1級
・両上肢の機能に著しい障害を有するもの(以下「両上肢の用を全く廃したもの」という。)
・両上肢のすべての指を欠くもの(以下「両上肢のすべての指を基部から欠き、有効長が0のもの」という。)
・両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
 (以下「両上肢のすべての指の用を全く廃したもの」という。) 
◆2級
・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
 (以下「両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を基部から欠き、有効長が0のもの」という。)
・両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
 (以下「両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の用を全く廃したもの」という。) 
・一上肢の機能に著しい障害を有するもの(以下「一上肢の用を全く廃したもの」という。) 
・一上肢のすべての指を欠くもの(以下「一上肢のすべての指を基部から欠き、有効長が0のもの」という。) 
・一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
 (以下「一上肢のすべての指の用を全く廃したもの」という。) 
・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
 日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 
◆3級
・一上肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの 
・長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
・一上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひとさし指を併せ
 一上肢の3指以上を失ったもの
 (以下「一上肢の親指及びひとさし指を近位指節間関節(親指にあっては指節間関節)以上で欠くもの
 又は親指若しくはひとさし指を併せ、一上肢の3指を近位指節間関節
 (親指にあっては指節間関節)以上で欠くもの」という。) 
・おや指及びひとさし指を併せ一上肢の4指の用を廃したもの
・身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の
 障害を残すもの 

下肢の障害

◆1級
・両下肢の機能に著しい障害を有するもの(以下「両下肢の用を全く廃したもの」という。)
・両下肢を足関節以上で欠くもの
◆2級
・両下肢のすべての指を欠くもの(以下「両下肢の10趾を中足趾節関節以上で欠くもの」という。)
・一下肢の機能に著しい障害を有するもの(以下「一下肢の用を全く廃したもの」という。)
・一下肢を足関節以上で欠くもの
・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
 日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
◆3級
・一下肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
・長管状骨に偽関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
・一下肢をリスフラン関節以上で失ったもの
・両下肢の10趾の用を廃したもの
・身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、
 又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

体幹・脊柱の機能の障害

◆1級
・体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの
・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
 日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
◆2級
・体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの
・身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
 日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
◆3級
・脊柱の機能に著しい障害を残すもの

肢体の機能の障害

(1) 肢体の障害が上肢及び下肢などの広範囲にわたる障害(脳血管障害、脊髄損傷等の脊髄の器質障害、進行性筋ジストロフィー等)の場合には、「 肢体の機能の障害」として認定する。
(2) 肢体の機能の障害の程度は、関節可動域、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、日常生活における動作の
 状態から身体機能を総合的に認定する。
 なお、他動可動域による評価が適切ではないもの(例えば、末梢神経損傷を原因として関節を可動させる筋が
 弛緩性の麻痺となっているもの)については、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、
 日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定する。
(3) 各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおりである。
◆1級
・一上肢及び一下肢の用を全く廃したもの
・四肢の機能に相当程度の障害を残すもの
◆2級
・一上肢及び一下肢の機能に相当程度の障害を残すもの
・四肢に機能障害を残すもの
◆3級
・一上肢及び一下肢に機能障害を残すもの
※肢体の機能の障害が両上肢、一上肢、両下肢、一下肢、体幹及び脊柱の範囲内に限られている場合には、
 それぞれの認定基準と認定要領によって認定すること。
 なお、肢体の機能の障害が上肢及び下肢の広範囲にわたる場合であって、
 上肢と下肢の障害の状態が相違する場合には、障害の重い肢で障害の程度を判断し、認定すること。

◆当事務所のお客様事例はこちら!◆

パーキンソン病

パーキンソン病の症状には、「こわばり(硬直)」「動作の緩慢化」「振せん」「姿勢反射障害」があります。「こわばり(硬直)」は、筋肉が固くなって本来の動きが妨げられてしまう症状です。「動作の緩慢化」は、動作の動きが遅くなります。「振せん」は、筋肉の伸び縮みが繰り返された時に起こる震えです。手、腕、脚によくみられる症状です。「姿勢反射障害」は、前かがみ気味になりバランスが保てなくなる症状です。転倒時に手をつくことが困難になります。これらの運動症状に加えて便秘や垂涎、消化器症状、起立性低血圧、食後性低血圧、発汗過多、あぶら顔、排尿障害などの症状があります。また、うつ病や認知症などの精神症状を合併する場合もあります。

しかし、薬である程度症状が抑えられているうちは、障害年金の対象になりません。薬の効果が弱まり、日常生活に支障をきたすようになると対象になります。

受給ポイントは、診断書裏面の「日常生活動作の程度」です。ご自身の日常動作の程度と医師の評価に相違がないようにします。また、痙直、不随意運動、失調、強剛、振せんなどによる諸動作 の巧緻性、耐久性、速度などの障害からも判断されていきます。

後天性免疫不全症候群(AIDS)

ヒト免疫不全ウイルス感染症とその続発症による疾病及び障害については、①「ヒト免疫不全ウイルス感染症に係る障害認定について」(平成10年2月4日付庁保険発第1号通知)と②平成23年A基準、③平成23年B基準(平成23年1月31日付年管管発0131第1号通知)の3基準に当てはめ、この3つのうち、最も本人に有利な基準で認定されます。

①平成10年基準

ヒト免疫不全ウイルス感染症による障害認定の対象となる障害は、次のとおりであること。
(1) ヒト免疫不全ウイルス感染症とその続発症による労働及び日常生活上の障害
(2) 副作用等治療の結果として起こる労働及び日常生活上の障害
【障害認定のあり方について】
 続発症(ヒト免疫不全ウイルス消耗症候群、日和見感染症等)の有無及びその程度
 及びCD4値*1等の免疫機能の低下の状態を含む検査所見、治療及び症状の経過を十分考慮し、
 労働及び日常生活上の障害を総合的に認定すること。

 *1:CD4値:血液中に含まれるリンパ球の一種で、免疫全体を つかさどる機能を持つリンパ球数のこと。
【障害の程度】
(1) 各等級の例は以下である。

1級 回復困難なヒト免疫不全ウイルス感染症及びその合併症の結果、生活が室内に 制限されるか日常生活に全面的な介助を要するもの
2級 エイズの指標疾患や免疫不全に起因する疾患又は症状が発生するか、その既往 が存在する結果、治療又は再発防止療法が必要で、日常生活が著しく制限されるもの
3級 エイズ指標疾患*2の有無にかかわらず、口腔カンジダ症等の免疫機能低下に関 連した症状が持続するか繰り返す結果、治療又は再発防止療法が必要で、労働が制限 されるもの

  *2:エイズ指標疾患:サーベイランスのためのAIDS診断基準における特徴的症状に 該当する疾患
(2) 病状の程度については、
 一般状態が次表の一般状態区分表のオに該当するものは1級に、
 同表のウ又はエに該当するものは2級に、
 同表のイ又はウに該当するものは3級
 概ね相当するので、認定の参考とすること。
(3) 1級及び2級においては労働能力の喪失等の状態、
 また、2級においては日常生活上の障害の状態についても把握し、的確に評価すること。
【検査所見及び臨床所見について】
 検査所見及び臨床所見については、ヒト免疫不全ウイルス感染症の特性を踏まえ、
 以 下の項目に留意し、認定を行うこと。
 1.疲労感、倦怠感、不明熱、体重減少、消化器症状の程度、出現頻度、持続時間
 2.日和見感染症、悪性腫瘍の種類、重症度、既往、出現頻度
 3.CD4値、ヒト免疫不全ウイルス―RNA定量値、白血球数、ヘモグロビン量、血小板数の状況
 4.治療の状況(治療薬剤、服薬状況、副作用の状況)
 なお、現時点におけるエイズ治療の水準にかんがみ、CD4値が200未満の状態では、
 多くの感染者において強い疲労感、倦怠感が認められており、
 また、この段階では、多 数の日和見感染症等の発症の可能性が高まるために、
 抗エイズ薬等の多剤併用療法が 実施され、重篤な副作用を生じる結果、
 労働および日常生活が著しく制限される場合 が多いことにも留意すること。
【複数の外部障害、精神の障害等が存在する場合の認定について】
 ヒト免疫不全ウイルス感染症及びその続発症によるか、
 又はヒト免疫不全ウイルス感染症に対する治療の結果によるかの原因の如何を問わず、
 視機能障害、四肢麻痺、精 神・神経障害等の不可逆的な障害は、原疾患との併合認定により認定すること。

②平成23年A基準、③平成23年B基準

◆1級⇒[A](ア+イ+ウ)又は[B]を満たす場合とする
【検査項目】
 ア CD4値が200/μl以下(4週以上の間隔をおいた直近の連続する2回の検査値の平均値)
 イ 以下の項目のうち、3つ以上を満たす(4週以上の間隔をおいた直近の検査において連続して2回以上続く)
  a 白血球数が3,000/μl未満
  b ヘモグロビン量が男性12g/dl、女性11g/dl未満
  c 血小板が10万/μl未満
  d ヒト免疫不全ウイルス―RNA量が5,000コピー/ml以上
【身体症状等】
 ウ 以下の項目のうち、4つ以上を満たす
  a 1日1時間以上の安静臥床を必要とするほどの強い倦怠感及び易疲労感が月に7日以上ある
  b 病態の進行のため、健常時に比し10%以上の体重減少がある
  c 月に7日以上の不定の発熱(38℃以上)が2ヶ月以上続く
  d 1日に3回以上の泥状ないし水様下痢が月に7日以上ある
  e 1日に2回以上の嘔吐あるいは30分以上の嘔気が月に7日以上ある
  f 動悸や息苦しくなる症状が毎日のように出現する
  g 抗HIV療法による日常生活に支障が生じる副作用がある(a~f以外)(抗HIV療法を実施している場合)
  h 生鮮食料品の摂取禁止等の日常生活活動上の制限が必要である
  i 1年以内に口腔内カンジダ症、帯状疱疹、単純ヘルペスウイルス感染症、伝染性軟属腫、
    尖圭コンジローム等の日和見感染症の既往がある
  j 医学的理由(注1)により抗HIV療法ができない状態である
 B 回復不能なエイズ合併症のため介助なくしては日常生活がほとんど不可能な状態(注2)である

◆2級⇒[A](ア+イ+ウ)又は[B](ア+エ)を満たす場合とする
【検査項目】
 ア CD4値が200/μl以下(4週以上の間隔をおいた直近の連続する2回の検査値の平均値)
 イ 以下の項目のうち、2つ以上を満たす(4週以上の間隔をおいた直近の検査において連続して2回以上続く)
  a 白血球数が3,000/μl未満
  b ヘモグロビン量が男性12g/dl、女性11g/dl未満
  c 血小板が10万/μl未満
  d ヒト免疫不全ウイルス―RNA量が5,000コピー/ml以上
【身体症状等】
 ウ 以下の項目のうち、3つ以上を満たす
  a 1日1時間以上の安静臥床を必要とするほどの強い倦怠感及び易疲労感が月に7日以上ある
  b 病態の進行のため、健常時に比し10%以上の体重減少がある
  c 月に7日以上の不定の発熱(38℃以上)が2ヶ月以上続く
  d 1日に3回以上の泥状ないし水様下痢が月に7日以上ある
  e 1日に2回以上の嘔吐あるいは30分以上の嘔気が月に7日以上ある
  f 動悸や息苦しくなる症状が毎日のように出現する
  g 抗HIV療法による日常生活に支障が生じる副作用がある(a~f以外)(抗HIV療法を実施している場合)
  h 生鮮食料品の摂取禁止等の日常生活活動上の制限が必要である
  i 1年以内に口腔内カンジダ症、帯状疱疹、単純ヘルペスウイルス感染症、伝染性軟属腫、
   尖圭コンジローム等の日和見感染症の既往がある
  j 医学的理由(注1)により抗HIV療法ができない状態である
【その他】
 エ エイズ発症の既往歴がある
◆3級⇒[A](ア+イ+ウ)又は[B](ア+エ)を満たす場合とする
【検査項目】
 ア CD4値が350/μl以下(4週以上の間隔をおいた直近の連続する2回の検査値の平均値)
 イ 以下の項目のうち、2つ以上を満たす(4週以上の間隔をおいた直近の検査において連続して2回以上続く)
  a 白血球数が3,000/μl未満
  b ヘモグロビン量が男性12g/dl、女性11g/dl未満
  c 血小板が10万/μl未満
  d ヒト免疫不全ウイルス―RNA量が5,000コピー/ml以上
【身体症状等】
 ウ 以下の項目のうち、2つ以上を満たす
  a 1日1時間以上の安静臥床を必要とするほどの強い倦怠感及び易疲労感が月に7日以上ある
  b 病態の進行のため、健常時に比し10%以上の体重減少がある
  c 月に7日以上の不定の発熱(38℃以上)が2ヶ月以上続く
  d 1日に3回以上の泥状ないし水様下痢が月に7日以上ある
  e 1日に2回以上の嘔吐あるいは30分以上の嘔気が月に7日以上ある
  f 動悸や息苦しくなる症状が毎日のように出現する
  g 抗HIV療法による日常生活に支障が生じる副作用がある(a~f以外)(抗HIV療法を実施している場合)
  h 生鮮食料品の摂取禁止等の日常生活活動上の制限が必要である
  i 1年以内に口腔内カンジダ症、帯状疱疹、単純ヘルペスウイルス感染症、伝染性軟属腫、
   尖圭コンジローム等の日和見感染症の既往がある
  j 医学的理由(注1)により抗HIV療法ができない状態である
【その他】
 エ エイズ発症の既往歴がある

(注1)「医学的理由」とは、投薬による肝障害、白血球数減少などの副作用などの医学的事項によるものをいう。(注2)「回復不能なエイズ合併症のため介助なくしては日常生活がほとんど不可能な状態」とは、エイズ合併症(「サーベイランスのためのHIV感染症/AIDS診断基準」(厚生省エイズ動向委員会,1999)が採択した指標疾患としてあげられている合併症」)が回復不能に陥り、日常生活のほとんど全てが介助なしでは過ごすことができない状態をいう。

CRPSと診断された方

疼痛発作の頻度、強さ、持続時間、疼痛の原因となる他覚的所見等により、軽易な労働以外の労働に常に支障がある程度のものは、3級の認定の可能性があります。
運動障害が残っていれば、1級から3級の認定の可能性があります。

聴力障害と診断された方

  • 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のものは、1級。
  • 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のものは、2級。
  • 両耳の聴力が40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたものは、3級。

視力障害と診断された方

  • 両眼の視力の和が0.04以下のものは、1級。
  • 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のものは、2級。
  • 両眼の視力が0.1以下に減じたものは、3級。
  • 両眼の視力が0.6以下に減じたものは、障害手当金
  • 一眼の視力が0.1以下に減じたものは、障害手当金
    ※上記は、矯正視力の場合です。

◆当事務所のお客様事例はこちら!◆

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)