後天性免疫不全症候群(AIDS) 50代男性 障害厚生年金2級

HIVの障害年金の認定基準は公表されています(詳細は、当事務所HPの疾病一覧「がん」をご参照下さい)。この方は、既に脳症まで発症しておりましたので、一日のうちの殆どを横になって過ごされています。依頼人の奥様は、このご病気について精通している社労士をお探しでした。そこで、HIVの障害年金を何件も手掛けていた当事務所にたどり着いたとのことです。

問題は、初診日はどこかというお話です。HIVは発症まで10年程出現してこないと言われています。しかし、免疫力は低下していますので、様々な感染に罹患して処方されるのですが、どこが初診日になるかは難しいです。そこで、遡及請求ができるところに何かあるか考え、掌蹠膿疱症の治療を施したクリニックを初診に定めました。

結果として、障害厚生年金2級が遡及で認定されました。ニューモシスチス肺炎、梅毒、進行性多巣性白質脳症などを発症されており、とにかくご家族がご苦労されているかと存じますが、少しでも金銭的苦労を取り除くサポートができればと思いました。本当にありがとうございました。

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)