直腸がん 40代男性 障害厚生年金3級

この方は、初診日から4か月目に直腸癌のためストマの使用を開始しました。障害年金は、障害認定日の特例といって、初診日から16か月経過前でも障害年金を申請できる例外がございます。ストマも、装着後6か月経てば申請できますので、初診から10か月で請求しました。ちなみに、ストマ装着は3級に該当します。

問題は、この方は既にご依頼を受けたときには、肝転移、肺転移、多発リンパ節転移、大腿骨転移、局所再発の状態で、抗がん剤治療の副作用が顕著な状況下でした。しかも未だ40代で、専業主婦の奥様とお子様が2人いらっしゃり、正に障害年金2級の趣旨に沿う方です。

結果として、障害厚生年金3級が認定されました。「ここまでの状態で何故?」と疑問を隠せませんでしたので、3級に認定された理由を年金機構に尋ねたところ、障害認定日の特例請求は、内容というより必然的に3級との回答でした。この決定はあまりにも障害年金の趣旨から外れると感じましたので、不服申立へ移行することにしました。

 

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)