高次脳機能障害 60代男性 障害厚生年金2級

ご本人様からのお問合せでは、「うつ病」とのことでした。しかし、初回面談でお話を聞いてみますと、まず、処方されている薬が抗うつではありません。更に、脳梗塞後は「二桁の足し算も電卓になった」「単語がスムーズに出ない」「病前は半日で終えていたようなことが今は1週間以上かかる」等とおっしゃります。私は、これは高次脳機能障害だなと思いました。鬱は高次脳機能障害ゆえなのでしょう。

まずは、医師に高次脳機能障害で診断書を書いていただけるか確認していただくようお伝えしました。すると、後日、ご本人様から「医師から『前に高次脳機能だと言ったのに』と言われてしまいました」とのご連絡がありました。私は障害年金請求の方向性を定め、診断書を書いて下さる精神科の主治医に、高次脳機能障害でかつて2級に認定されたお客様方の個人情報を隠した診断書を例としてお見せしました。

結果として、障害厚生年金2級が認定されました。この方は現在受けているのは老齢厚生年金でしたが、障害年金の方が金額が高いので障害年金を選択していただけました。本来は頭が良く、厳しいご判断の方だと思われますので、喜んでいただけて幸いです。ありがとうございました。

 

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)