障害年金 社労士の選び方

今や、障害年金の社会保険労務士を検索すると、数多くの事務所が挙がってきますよね。しかし、一生に一度しか経験しない障害年金の申請を初めて挑戦する方にとって、どの社労士事務所も同じように見えてしまうのではないでしょうか?
そこで、本コラムではどのような社労士がお勧めなのか、選び方をご紹介いたします。

①経験が豊富かどうかは事例で判断!

まずは、HPに載っているお客様事例を読んでみて下さい。本当にその社労士が手掛けた案件であれば、その案件のお客様とのエピソード等、独自のお話が盛り込まれています。一方で、誰が載せても同じであろう内容は、実は、社労士同士の勉強会で事例を提供し合い、いかにも自分が実践したかのようにHPに載せることが多いのです。つまり、経験豊富でない社労士でも、あたかも経験豊富なように見せかけていることがあるのです。ご注意下さい!

②対応地域が広すぎませんか?


当事務所がお引き受けするお客様は、吉祥寺のお近くの方に限定させていただいております。何故なら、必ずご本人様とお会いさせていただいているからです。本人と実際にお会いすれば、その方の重症度、どのような動作をされているか、これまでどのように生きてこられたのか、がよくわかります。そして、仕上がってきた診断書の内容が実際と異なっていると感じたとき、労力を惜しむことなく病院へ無料で同行させていただいています。

また、本当にご病気の方は、たいていお近くの病院を選ばれています。従って、お近くの方をお引き受けすれば、当事務所もご本人様とお会いしやすく、病院も近くになって受診に同行しやすい、という利点があります。更に、行く病院も同じ病院ばかりですので、この地域の病院事情には大変詳しい自信があります。

他県、全国対応、電話のみでOK、郵便のみで対応可、ZOOM面談可能本当にお客様とわかり合えるのでしょうか。

③社労士が対応していますか?

最近の多い対応として、面談でも社労士資格のない事務所職員が相談員としてお話を聞き、事務所代表の社労士の名前で障害年金を請求するパターンです。その場合、万が一不支給決定になったとき、不服申立の代理人はどなたが行うのでしょうか?請求時にはかかわってこなかった社労士が、不服申立から突然関与するのでしょうか?思うに、その事務所は最初から不服申立は引き受けない方針なのでしょう。つまり、最初から決定するであろう案件だけを受任し、困難で手間のかかる案件は避けるということではないでしょうか。当センターでは、必ず社労士が相談時から対応します。ご安心下さいませ。

④売上主義ではありませんか?

売上のために障害年金を手掛けている社労士事務所が多いのも事実です。どのような信念で行っているのか確かめてみて下さい。特に、費用について説明してもらいましょう。着手金0円でも、追加で都度費用を請求する事務所もございます。そもそも考えてみて下さい。着手金0円で、最低限かかる事務経費をどうまかなっているのでしょうか?しかも、社会保険労務士は、本やインターネットでは買えない経験から積み上げた知識やノウハウで仕事をしています。着手金0円にはカラクリが必ずあるでしょう。例えば、未だ経験の少ない社労士が、とにかく経験を積むために安価でまずは件数を多く受任しようとしている場合などです。
また、個人情報を全く無視して、普通郵便でやり取りする事務所もございます(当事務所はレターパックを使用しています)。委任状をご本人に書いてもらわず、本人になりすまして自分が署名した委任状を年金事務所や病院へ持参する社労士もいます。このような行為は、当事務所では絶対にしません。ご安心下さいませ。

 

お問い合わせ・無料相談

お電話お問い合わせ:070-6426-9465(平日:8:00~20:00)